「ワークノート150日」(第3刷) 正誤情報 一覧
 出版部 or 対策委員会に寄せられたワークノート 解答 の正誤や誤植、及び Q&A を、それぞれページ順に掲載致しました。
 最新情報には、 がついていますので、参考にして下さい。
 ◆◇ ワークノート ◇◆   
掲載日 ページ 項目
2006.12.15 6 ●出生に関する統計 表1行目 出生率
統計値[8.8.8
]減少傾向(H16
統計値[8 .8.6]減少傾向(H17
表2行目 合計特殊出生率
統計値[10.1.29
]
減少傾向(H16
統計値[10. 1.25]減少傾向(H17
表3行目 総最生産率
統計値[12. 0.63]減少傾向(H15
統計値[12. 0.63]減少傾向(H17
表3行目 総再生産率
統計値[13. 0.62]減少傾向(H15
統計値[13. 0.62]減少傾向(H16
2006.12.15 6 ●死亡に関する統計 表1行目 粗死亡率
統計値[13 8.6]減少傾向(H16
粗死亡率
統計値[13 8.6]減少傾向(H17
2007.04.26 31 ●組織 12行目 …。軸索は、それを包む神経膠細胞とともに[40     ]を形成する。 …。軸索は、それを包む支持細胞とともに[40     ]を形成する。
2007.04.26 42 ●グリコーゲン代謝 右図中 矢印 下記をご参照ください。
 
2007.04.26 45 ●おもなアミノ基転移酵素による反応 図右側 アスパラギン酸トランスアミナーゼ(AST)

アラニントランスアミナーゼ(ALT)
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)

アラニン
アミノトランスフェラーゼ(ALT)
2007.04.26 78 ●腫瘍の原因 表中
6行目の下 具体例の欄
[7  ]→肺癌 [7  ]→肺癌

[8  ](カビ毒)→肝癌
2007.04.26 82 ●卵の形成 表中
一番下
卵黄の欄・
卵白の欄
            卵黄           卵白
□□凝固温度
     凝固開始:[19  ]℃   60〜70℃で凝固
     完全凝固:[20  ]℃
        卵黄           卵白
□□凝固温度
     60〜70℃で凝固    凝固開始:[19  ]℃
                   完全凝固:[20  ]℃
2007.04.26 112 ●安全性の考え方 4行目 …、農薬の残留規制の強化とポジティブ制の導入、 …、農薬の残留規制の強化とポジティブ制の導入(2006年)、
2007.04.26 112 ●主な食品衛生関連法規 表中
一番下の行
[14  ]法  新たに農薬を製造販売しようとするものに登録の義務づけ。 [14  ]法  農薬を製造・販売・加工・輸入しようとするものには農林水産大臣の登録を受けなければならない。
2007.04.26 146 ●妊娠期の疾患 表中 10行目病態の欄 □□貧血
[10        ]濃度12
mg/dl以下、または[11        ]濃度11g/dl以下を貧血とする。
□□貧血
[10        ]濃度12
ng/ml以下、または[11        ]濃度11g/dl以下を貧血とする。
2007.04.26 146 ●妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の栄養指導 6行目 重症の場合は[38  ]g/日以下に制限する。 削除
2007.04.26 146 ●妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の栄養指導 7行目 胎児の発育のため、ビタミン、[39      ]、蛋白質は十分に摂取する。 胎児の発育のため、ビタミン、[38      ]、蛋白質は十分に摂取する。
2007.04.26 146 ●妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の栄養指導 8行目 脂質→[40      ]の過剰摂取に注意する。[41      ]は必須脂肪酸としても重要なので、不足しないようにする。 脂質→[39      ]の過剰摂取に注意する。[40      ]は必須脂肪酸としても重要なので、不足しないようにする。
2007.08.25 147 ●乳汁分泌の仕組み 図中Bの下 B母乳の[5    ]促進 B母乳の[5    ]促進
  乳腺の発達
  乳汁分泌
(これは追加内容です)
2007.04.26 147 ●母乳 表中 1行目 □□初乳
@分
後[8    ]〜[9    ]日に少量(100ml/日)分泌される。
□□初乳
@分
後[8    ]〜[9    ]日に少量(100ml/日)分泌される。
2007.04.26 148 ●授乳期の疾患と栄養管理 3行目 乳房の疾患は、乳児の吸てつ刺激などにより、乳頭の炎症がみられる。 乳房の疾患は、乳児の吸刺激などにより、乳頭の炎症がみられる。
2007.04.26 149 ●身体発育の評価 6行目 カウプ指数は、体重()÷([26    ])×10で求められ、乳児身長・体重から、やせ、肥満を客観的に判断するために利用する。 カウプ指数は、体重(kg)÷([26    ])×104で求められ、乳児身長・体重から、やせ、肥満を客観的に判断するために利用する。
2007.04.26 156 ●神経性食欲不振症 9行目 拒食の後、反動として過食に移行し、[17            ]や[18          ]を起こすなどの行動がみられる。 拒食の後、反動として過食に移行し、自己誘発的な[17   ]や下剤を使用した[18   ]を起こすなどの行動がみられる。
2007.04.26 156 ●神経性食欲不振症 14行目 脱毛するが、産毛は[23       ]する。 産毛は[23       ]する。
2007.04.26 157 ●更年期の身体各部の変化 4行目 閉経後は、総コレステロール、LDLコレステロール、トリグリセリドの[13    ]、HDLコレステロールの減少により高脂血症、動脈傾向になる。 閉経後は、総コレステロール、LDLコレステロール、トリグリセリドの[13    ]、HDLコレステロールの減少により高脂血症、動脈硬化が進行する。
2007.04.26 158 ●骨粗鬆症 3行目 日本骨代謝学会では[18          ]の診断基準を示している。 日本骨代謝学会では[18          ]の診断基準(2000年)を示している。
2007.04.26 188 ●栄養の摂取とかかわりの深い疾患 表中8行目 血漿(清)脂質の[5       ]、トリグリセライド(中性脂肪)、リン脂質の単独または複数が以上に増加した状態。 血漿(清)脂質の[5       ]、トリグリセライド(中性脂肪)の単独または複数が以上に増加した状態。
2007.04.26 225 ●慢性腎不全とは 表頭左から2つ目 濾過値ml/分 糸球体濾過値ml/分
2007.04.26 293 ●入院時食事療養基準 表中1行目 特別管理実施加算 栄養管理実施加算
2007.04.26 ●入院時食事療養基準 表中7行目 複数の献立 
1日[9.   ]食以上…選択できること
削除
 ◆◇ 解 答 ◇◆
掲載日 ページ タイトル
2007.04.26 4 31 1行目 6.リボソーム 6.リボソームRNA
2007.04.26 4 31・キーワードチェック 2行目 上皮組織の種類とその体内での部位は?
単層扁平上皮は血管内皮に、………移行上皮は
尿管内表面に、多列線毛上皮は気管内表面に存在する。
上皮組織の種類とその体内での部位は?
単層扁平上皮は血管内皮に、………移行上皮は
尿管、膀胱に、多列線毛上皮は気管内表面に存在する。
2007.04.26 4 36 2行目 16.フォスファチジルエタノールアミン 16.スファチジルエタノールアミン
2007.04.26 14 143 3行目 21.青年前〜中期 21.青年前〜中年期
2007.04.26 14 146 2行目 15.妊娠中毒症 15.妊娠高血圧症候群
2007.04.26 14 146 5行目 38. 3 削除
2007.04.26 14 146 5行目 39.ミネラル 38.ミネラル
2007.04.26 14 146 5行目 40.飽和脂肪酸 39.飽和脂肪酸
2007.04.26 14 146 5行目 41.不飽和脂肪酸 40.不飽和脂肪酸
2007.08.25 14 147 1行目 7. 分泌 7. 射乳
2007.04.26 15 148 2行目 14.妊娠中毒症 14.妊娠高血圧症候群
2007.04.26 15 152 4行目 29. 10 29. 15
2007.04.26 15 152 4行目 30. 15 30. 20
2007.04.26 15 152 4行目 32. 15 32. 10
2007.04.26 15 152 4行目 33. 20 33. 15
2007.04.26 15 156 2行目 17.自己誘発的な嘔吐 17.嘔吐
2007.04.26 15 156 2行目 18.下剤を使用して下痢 18.下痢
2007.04.26 16 158 1行目 3. 10 3. 8
2007.04.26 17 176 1行目 4.  3. 
2007.04.26 19 188 4行目 33.大豆 33.小麦
2007.04.26 30 293 1行目 1.栄養士 1.栄養士または管理栄養士
 ◆◇ Q & A ◇◆
掲載日 ページ 項目 質問 答え